これからの小売業のありかた、これからの小売業として考えていかないといけない事、これからも小売業としてやっていく為のアドバイス
   これからの小売業として売上げや
       利益を上げて行く為の考え方
ゆめ・リンクス
メニュー

自動車の事を知りたい方はこちらへ
会社概要

詳細はこちら

お問い合わせはこちら
ご注意等

このサイトの著作権は、
ユメ・リンクス が保持しています。

このホ-ムペ-ジからの無断転載・複製を禁じます。
相互リンク

小売業とはご存知のように、消費者(お客様)に直接商品を販売するお店の事ですね。    
よく考えてくださいね!!

これが小売業の基本なんですよ。   基本。。。

最近は、百貨店をはじめとして、大手スーパー、大手電気店等が合併しています。

資本参加まで入れたら相当の数のお店がそうなっています。

景気が上向いているとの新聞報道やテレビのニュースがありますが、本当に景気が上向いているのでしょうか?

一部の会社で儲かっているのでしょう。

でも、あなたの暮らしはどうでしょうか?

あなたのお店の売上げはどうでしょうか?

去年よりも暮らしが楽になりましたか?

去年よりもお店の売上げが増えましたか?

それが現実なんですよ。

ニュースとしては景気が落ち込んでいるというよりも、景気が上向いているといった方がいいですからね。



このサイトにこられた方は少しでも小売業に関係のある方だと思いますが、いまのお店の売上げはどうなっていますか?

毎年、毎年、売上げが上がっていますか?

毎年、毎年、売り上げ目標が達成していますか?

毎年、毎年、利益が増えていますか?


なかには、売上げや利益が増えているお店もあるでしょうが、それでも目標として考えた数字には至っていないのではないでしょうか。

一部の企業や一部の人達は儲かっているのですが、大多数の企業は横ばいか赤字になっているのです。

一般の人達にも不景気感があります。

だから、格安等の商品が相当数でまわっています。

旅行、衣料、食品業界が格安にこだわっているのがいい例かもしれませんね。

その反面、高額商品が売れてもいます。

航空業が座席の高級化をやっていますが、いい例でしょうね。

今の日本は、儲かっている人とそうでない人の二極化してきているのです。

なので、今までのように金額を安くして数を売るよりも、高級化して金額を高くしたほうが売れる数は少なくても売上げが上がります。

一万円の商品を100個売っても、高級化して50万の商品を2個売っても売上げは同じなんです。

商品の違いもあるでしょうが売上げや利益を考えたら、高額化して顧客サービスに力をいれたほうがいいのです。

しかし、高額商品を扱っていないお店もあります。

一個売れても、利益が何十円ということも・・・・。

そんなお店でも利益がでないとやっていけません。

少しでも利益を出す為には、お客様に商品を買ってもらわなくてはなりなせん。

この商品を扱っているのがここしかない。

そのような商品ばかりならいいでしょうが、これからは、今までのようにやっていても買ってもらえなくなってきています。

商品が増えてきている事もあるでしょうが、お客様がお店を選んでいる事もあります。

同じ商品がどのお店へ行ってもあるのですよ。

あなたのお店はお客様に選んでもらえるお店でしょうか?

二極化しているなかで、大多数の人が、同じ商品なら少しでも安いお店へ・・・。

それの象徴がヤマダ電器でしょうね。

店舗数が多くなればメーカーからの仕入れ値が安くできます。

仕入れ値が安くなれば、売値も他店よりは安くなりますよね?

それに太刀打ちできるお店作りを考えていますか?

その考えがお客様に受け入れられるお店でしょうか?

その為には どのようなお店にすればいいのかわからない!!


これからのお店作りを考えていく為に知ってほしい事、考えて欲しい事を小売業の経験者として、一消費者としてレポートにしてみました。

しかし

このレポートを読めば、明日から売上げが上がるというものではありません。

このレポートを読めば、明日からお客様が増えるというものではありません。


レポートを読んで、これからのお店作りに生かせていただければ・・・。

しつこいようですが、
小売業として考えていかなければならない事です。


申し込みは 
こちらへ メール してください 。

折り返し詳細をお知らせいたします。